Amazonで売れるものの簡単な見つけ方【どうやって見つけるの?】

2021年1月21日

これからAmazon転売で稼ぎたいと考えている方で、じゃあ一体Amazonで売れるものはどうやって見つけたらいいのだろう、と疑問に思う方は多いでしょう。

Amazonで確実に売れる商品でなければ、仕入れても在庫が余ってしまいますね。

 

こちらではそんな方の為に、Amazonで売れるものの簡単な見つけ方をご紹介します。

売れる商品の見つけ方が分からない!という方は是非参考にしてください。

 

 

関連:Amazon販売の在庫管理ツールを比較します【機能や料金はどれくらい?】

 

 

Amazonでは「Amazonの相場」が重要

転売では例え同じ国内で販売していても、売れるものの相場は販路によって変わってきます。

このように相場が違うからこそ、転売ビジネスが成り立つわけです。

 

なので、Amazonで販売をするのにヤフオクの相場を調べるオークファンなどを利用しても、Amazonで売れるものや売れる価格というのは分かりません。

Amazonで売れるものを見つけるためには、Amazonの相場等を調べる事が出来る「モノレート」というサイトを活用していきます。

 

 

上記がAmazonで売れるものを見つける手掛かりとなる、モノレートというサイトになります。

ヤフオクで利用するオークファンなどとは使い方がまた違い、Amazonで売れるものを見つけるための利用方法があるのでこのあと解説します。

 

 

モノレートを使用したAmazonで売れるものの見つけ方

Amazonで売れるものを見つける場合は、Amazonとモノレート両方を行き来して調べる事になります。

ヤフオクで売れる商品を見つける際に利用するオークファンは商品リサーチに使えるサイトですが、モノレートの場合は単に売れるか売れないかの判断をするだけなので、モノレートだけでリサーチをすることはできないのです。

 

 

モノレートを使用しAmazonで売れるものを見つけるには、まずAmazonを開きましょう。

もしAmazonで売れるもの、売りたいものの目星がついている場合は、検索窓に商品名等を入力してください。

 

この記事を読んでいる大半の方は、Amazonで売れるものの見つけ方がそもそも分からないから商品名なんて知るわけない!と思っているはずなので、目星がついていない方の為に売れるものの調べ方を解説していきます。

 

 

Amazon販売で稼ぎたいのであれば、売れるものの名前だけを知っていても実際には意味がなく、自分でリサーチをして売れる商品を見つける事、その仕入れ先を探すことが重要となります。

これが出来ないと、安定して稼ぎ続ける事は難しいでしょう。

 

また、今これが流行っているらしい、これが売れるらしいという情報も意味がないです。

知っているだけでは、その商品が実際に仕入れられるかどうかは分からないので、あなたが販売できるかどうか、売れるかどうかは分からないのです。

 

Amazon販売で稼いでいくためには、自分でしっかりリサーチして自信をもって「売れる商品だ」と言える事が大切です。

これが備われば、本当の意味で自分自身で稼げるようになったと言えるでしょう。

 

 

自分で調べる!Amazonで売れるものの見つけ方

まず、Amazonで売れるものを見つけるにはカテゴリーを絞る必要があります。

Amazonには様々なジャンルの商品が数多く出品されているので、カテゴリーを絞ったほうが効率的にリサーチが行えます。

 

 

まずは、検索窓の左側にある「すべて」から好きなカテゴリーを選びましょう。

このジャンルはどれでも構いません。

Amazonで売れるものはどのカテゴリーにも存在するからです。

どうせであれば自分の好きなカテゴリー、得意なカテゴリーから探したほうがモチベーションも上がるでしょう。

 

もし特に扱いたいカテゴリーがなくどれを選べばいいか迷ったときは、あなたの仕入資金に合わせて選ぶのがおすすめです。

例えばキッチン・ホームカテゴリーから商品を選定するとなると、コーヒーメーカーやミキサー、ジューサーなどの家電が対象となります。

こうなると、家電は商品の単価が高いので、仕入資金が少ない方には向いていないと言えます。

 

もしあなたがAmazon販売の仕入資金として5万円ほどしか用意できないのであれば、これでは十分な仕入が行えないので、商品単価の低いジャンルから選んだ方が良いでしょう。

カテゴリーを選ぶ際は、このように用意できる仕入資金に合わせると良いでしょう。

 

 

Amazonで売れるものの見つけ方は、以下のような流れになります。

  1. カテゴリーでリサーチ枠を絞る
  2. 価格帯で絞り込む
  3. 価格帯で絞り込む

 

カテゴリーでリサーチ枠を絞る

今回は「ホーム&キッチン」カテゴリーに絞って売れるものを見つけていきたいと思います。

カテゴリーに分けてもまだまだ商品数が多いので、さらに商品ジャンルを絞り込んでリサーチしていきます。

 

 

こちらではさらに「インテリア」のジャンルに絞って売れるものを探していきます。

 

 

価格帯で絞り込む

カテゴリーを選択したら、さらに下にスクロールしていきましょう。

すると、価格帯を絞り込むことができる項目があるので、カテゴリーを選択した後はさらに価格帯を絞り込んで対象範囲を狭めていきます。

 

 

この時にどの価格帯に絞り込んだらいいのかという事ですが、Amazonで売れるものを見つけるには、そのジャンルの定価相場よりも少し高い価格帯で探すのがポイントです。

これが売れるものを見つけるのに最適な価格帯と言えます。

 

なぜ少し高い価格帯で探すのかというと、例えばちょうどいい価格帯の商品には出品者にAmazonがいる場合が多いからです。

Amazonが在庫を持っている商品はほとんど利益が出なかったり、まずカートを取得できないので商品が売れません。

どんなに仕入先を探しても価格差のある店舗は見つからないでしょう。

 

 

なので見つけたい商品ジャンルの定価相場が10000万円くらいだったら、15000円位の価格帯の商品を調べる事で、利益の出る商品を見つけることができます。

Amazonで売れるものを見つけるときははこのように、少し高めの商品を狙っていくのがポイントです。

 

 

商品を並び替える

インテリアのジャンルの相場価格が大体5000円だとすると、10000円位の価格の商品を狙っていきたいので、価格帯を「5000-10000円」に設定します。

10000万円付近の商品を探したいので、ページ右上にある「おすすめ順」となっているところを「高い順」に並べ替えます。

 

 

これにより、さらに効率よくAmazonで売れるものを見つけられるようになります。

 

モノレートで売れているか見分ける

次に、見つけた商品が、Amazonで売れるものかモノレートでジャッジしてみましょう。

例としてこの商品を見てみます。

 

 

モノレートで商品を調べる際は、商品名またはASINで検索します。

ASINは、Amazonの商品識別コードの事で商品ページの下の方に記載があります。

 

 

商品名で検索するよりもASINで検索したほうが正確なので、ASINをコピーしましょう。

次に、ASINをモノレートの検索窓に入力します。

 

 

するとこのように、最安値・出品者数・ランキングの推移を見ることができます。

推移の表示は、3カ月・6か月・12カ月から選ぶ事が可能です。

 

 

この商品の場合、ほぼ一定の値段で長期的に売れ続けている事が分かりますね。

出品者数の変化もほぼないので、急激に出品者が増えたりするような突発的な商品ではないようです。

 

Amazonで売れているかどうかを調べる際に一番のポイントとなるのが「ランキング」の推移です。

モノレートではランキングの上下によって商品が何個売れたのかを予測する事が出来ます。

 

また、新品価格のほかに中古価格が表示されている場合がありますが、新品の商品を扱うのであれば中古価格は参考にしなくてOKです。

 

 

このようにして、見つけた商品がAmazonで売れているかどうか、最終的な判断をモノレートで行うというのがAmazonで売れるのの見つけ方になります。

 

 

Amazonで売れるものを見つけたら仕入先を探す

 

リサーチ作業を繰り返しAmazonで売れるものをたくさん発掘したら、実際に仕入れる事が出来るネットショップを探していきます。

ネットショップに限らず実店舗仕入れでも問題ありません。

 

店舗で仕入れる場合はせどり、ネットで国内仕入れを行う場合は電脳せどり、海外ショップから仕入れる場合は輸入転売などと呼びます。

このような仕入場所によって手法は変わってきますが、最終的に「仕入れる」という部分は変わりません。

ですので、Amazonで売れるものが見つかったら次はその仕入れ先を探し、仕入れて販売する事で利益を得るという流れです。

 

 

ここまでAmazonで売れものの見つけ方について解説してきましたが、ではなぜ事前に売れるものを見つける必要があるのでしょうか

これはネット仕入でも実店舗仕入れでもおなじなのですが、商品の数は膨大です。

 

なので、この膨大な商品の中から事前リサーチなしで仕入れを行うと、何を調べたらいいのかが分からなくなってしまいます。

膨大な商品を目の前にして何をしたらいいのか分からず呆然としてしまうでしょう。

 

 

これが、事前に商品リサーチを行い利益の出る商品が分かっていれば、あとは仕入れ先を見つけるだけなので、やるべきことが明確になり呆然と立ち尽くす事がなくなります。

Amazon販売ではこのように、やるべき事を明確にするためにも、事前に売れるものを明確にしておくという事が大切なのです。

 

そして、最終的にモノレートで売れるかどうかの判断をしっかりと行えば、まず赤字になったり、過剰在庫になって在庫が余ってしまうという事はないでしょう。

 

 

最後に

Amazonで売れるものの簡単な見つけ方について、どうやって見つけるか解説しました。

 

ポイントをまとめると、

  • Amazon販売で売れるものを見つけるには、Amazonから探す事が大切
  • 売れるものかどうかの最終判断はモノレートで行う
  • Amazon販売で売れる商品にカテゴリーの縛りはない
  • 売るサイトでの相場を事前に調べる

ということがAmazonで売れるものを見つけるうえで重要でした。

 

Amazonで売れるものを見つけるのはさほど難しい事ではないですが、慣れるまではやはり難しいと感じるでしょう。

ですが、慣れれば簡単に売れるものを見つけられるようになるので、地道に頑張りましょう。

 

前述でも言いましたが、いくら売れるものの名前を知っていても意味がありません。

大事なのは、自分で売れるものを見つけるスキルを磨く事です。

これが、Amazon販売で安定して稼いでいく為に一番重要なことなのです。

 

なのでこちらでは、どの商品が売れますよ、というように商品名を出すことなくあくまでも例としてリサーチ方法をお伝えしました。

この方法を応用して頂く事で、さまざまなジャンルで売れるものを見つけることができるはずです。

 

まずは一つのジャンルで売れるものを見つけていき、その後さまざまなジャンルに手を伸ばしてくのがおすすめです。

自分の得意な好きなジャンルから、売れるものを見つけていきましょう。

 

この記事を参考に、Amazonで売れるものを見つけて頂けたら幸いです。

 

 

 

関連:Amazon輸入ビジネスで使える無料・有料ツール【おすすめをご紹介します】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

Posted by Akari