Amazon輸出で使えるツールおすすめ16選【無料のものから有料まで】

2021年1月21日

Amazon輸出ビジネスではツールを活用することで作業効率を何倍にも上げることができます。

Amazon輸出のツールはたくさんあるので、実際にどれを使ったらいいのかわからない!という方は多いでしょう。

 

Amazon輸出のツールは無料のものもあれば有料のものもあります。

なるべくお金をかけたくない、という方はまずは無料のツールを使っていくのもありですね。

しかし無料ツールには限界があるので、いずれは有料ツールが必要になってくるかもしれません。

 

多少お金をかけてもいいから作業効率をあげたいという方は、有料ツールを見てみましょう。

有料ツールの中には何日間かお試し期間を設けている場合があるので、お試しで使用してみるのもありですね。

 

こちらでは、Amazon輸出のツールのなかでもおすすめのツールをご紹介していきます。

ツール選びに悩んでいる方の参考となれば幸いです。

 

 

関連:Amazon輸出代行業者8選まとめ【料金や特徴を比較します】

 

 

 

Amazon輸出で使える無料のツールおすすめ7選

まずは、大半の方がお金をかけずに使いたいと思っていると思うので無料のツールをご紹介します。

お金がかからないので迷わず使うことができますね。

どんどん無料ツールを導入して、少しでも作業を効率化していきましょう。

 

  1. Automate Pricing
  2. Camel Camel Camel
  3. Amadiff.com
  4. TAKEWARI
  5. 単位変換ツール
  6. その価格OK?
  7. Amzpecty

 

Automate Pricing

Automate Pricingは、Amazon公式の価格改定ツールです。

セラーセントラルから無料で誰でも利用ができるので、単純な価格改定であればこのツールで十分でしょう。

有料の価格改定ツールに機能は劣るものの、Amazon公式ということでシンプルで簡単に使えるのがポイントです。

まだ使ったことがないという方は、ぜひ使ってみてください。

 

Camel Camel Camel

Camel Camel Camelは、海外製のツールでAmazonのランキングを追跡してくれるツールです。

また、Amazonの値下げアラート機能をONにしておくと、Amazonの価格をウォッチし寝下がった時にメールで知らせてくれます。

Amazon製品の価格変動の履歴も見ることができるので、過去の価格を参考にすることもできますね。

世界全体で見ても、ユーザー数がダントツに多い無料ツールです。

 

Amadiff.com

Amadiff.comは、各国のAmazonの商品価格を簡単に見ることができるツールです。

ただし、必ず正確というわけではないので、あくまでも参考程度にすると良いでしょう。

デザインがシンプルなのでとても使いやすいですね。

各国のボタンがあるので、ワンクリックで価格の検索ができます。

 

TAKEWARI

TAKEWARIも、amadiff.com同様に各国のAmazon商品価格を比べることができるツールです。

amadiffよりも若干正確に価格が取得できると言われていますが、現在はサービスを停止しているのでいつ再開するかはわかりません。

サービス復活まではamadiffを使っていくのが良さそうです。

なお、結果を表示させるのにはASINが必要となります。

サービスの復活を待ちたい方は、ニュースレターに登録しておくとお知らせがきます。

 

単位変換ツール

単位変換ツールは、メートルをインチ表記に、グラムをポンド表記に、といったように簡単に単位変換が行えるツールです。

個人輸出の場合は、商品の長さや重量を米国の基準に合わせて表示しなければならないことがたまにあるので、その際に便利ですね。

地味に使える無料ツールの1つです。

 

その価格OK?

その価格OK?は、インターネット上の商品をまとめて価格比較してくれるツールです。

つまり、仕入れ価格の最安値が簡単に発見できるという優れものになります。

Amazonだけでなく、楽天やヤフーショッピング、または他のネットショッピングの中から、最安値で仕入れられるのはどこなのかがわかります。

価格を一気に表示してくれるので、リサーチ時間の短縮に繋がりますね。

処理も早いので使いやすく操作も簡単です。

Amazonだけで比較する訳ではないので、検索する際はASINではなく商品名や型番で検索するのがポイントです。

 

Amzpecty

AmzpectyはGoogle chromeの拡張機能で、他のセラーが出品している商品の在庫数がワンクリックで分かるツールです。

海外製のツールになりますが、拡張機能なので導入も使うのも簡単です

専用ボタンをクリックするだけで使用でき、リサーチで仕入れ数を判断する際にも重要な役割を果たしてくれます。

また、利益自動計算機能も備わっているので、とても便利ですね。

 

Amazon輸出で使える有料のツールおすすめ9選

続いて、Amazon輸出で使える有料のおすすめのツールをいくつかご紹介します。

どのツールもお金をかけても損をしないものなので、是非活用してください。

 

  1. アカウントディフェンスツール JANCDtoASIN
  2. Amazon輸出販売支援システム ZEUS
  3. アマトピア
  4. FEEDBACKFIVE
  5. CAROON 輸出王
  6. rezoo X
  7. ZON ASIN HUNTER
  8. プライスター
  9. PRIMA

 

アカウントディフェンスツール JANCDtoASIN

アカウントディフェンスツール JANCDtoASINは、販売禁止商品の出品を防いでくれるアカウント保護ツールです。

14800円の使い切りタイプなので、月額費がかからないのも魅力ですね。

全てのAmazon市場に対応しており、FBA販売と無在庫販売の両方で活用できます。

 

Amazon輸出でよくあるトラブルとして、商標権の侵害や出品禁止商品の出品などがありますが、このツールを使うことでそれらを出品するのを防げます。

具体的には、自分の出品している商品と紐づいているJANコードを読み込んで、日本製の商品だけを出品してくれるようになっています。

なので誤まって海外製の商品を出品してしまう心配がありません。

 

Amazon輸出の販売スタイルにもよりますが、特に出品数が多い無在庫販売では禁止商品を出品しやすいので、商標権侵害などのリスクを回避できます。

Amazon輸出販売支援システム ZEUS

Amazon輸出無在庫販売完全自動化システム ZEUSは、価格改定と在庫管理ができる有料ツールです。

月額13800円で利用でき、30日間のお試し期間もついています。

発送代行と連帯した自動出荷が可能で、Amazon輸出のマニュアルもゲットできます。

 

このツールは無在庫販売に特化したものなので、無在庫販売を行う上で重要となる価格改定や在庫管理がすべて自動でプログラム化されています。

また、ZEUSが提供している発送代行業者とも連帯しているので、発送業務の委託が可能となっています。

気になる配送料も、まとめて業者が発送しているので安いです。

アマトピア

アマトピアはAmazonビジネスの総合支援ツールとなっており、

  • 出品管理
  • 商品リサーチ
  • 価格改定
  • 在庫追跡
  • 売上分析
  • 広告運用
  • SEO対策
  • 顧客フォロー

の8つの機能が利用できます。

輸出で重宝するのは日本のAmazon、楽天、Yahooショッピング、ヨドバシカメラなどの価格に合わせて価格改定を行なったり出品の停止・再開をしてくれる価格改定機能と1週間~3ヶ月の販売数が分かる商品リサーチ機能、レビュー依頼機能(顧客フォロー機能)、売上分析機能などです。

プランが3つありますが相乗り出品の場合は基本的に一番下のビギナープランで十分です。

無在庫用の物流、FBA用の物流それぞれと物流と連携しておりどちらも送料が安いためオールインワンでAmazon輸出ビジネスを行うことができます。

輸出ユーザーでは少ないかもしれませんがオリジナル商品を作成して販売するような場合は在庫追跡機能とSEO対策機能、、広告運用機能も活躍します。こちらはエキスパートプラン、マスタープランなどの上位プランの利用が必要です。

FEEDBACKFIVE

FEEDBACKFIVEは、自動で出品者評価依頼メールを送ってくれるツールです。

4つのプランが用意されていて、月間50通までであればフリープランで無料で利用できます。

また、アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スペイン・イタリア・インドと幅広く対応しています。

Amazonで売り上げが発生すると、注文したお客さんに評価を依頼するメールを、決められたツールに従って自動で送信してくれるのでとても便利です。

アメリカ製のツールなので全て英語表記になりますが、慣れてくれば簡単に扱えます。

 

出品者評価をつけてもらうことは、売り上げを伸ばす上でとても重要なことなので、評価依頼メールを送ってくれるこの機能はありがたいですね。

メールの送信数によって料金プランが変わりますが、まずは無料で使えるのでお試しに使ってみてください。

 

 

 

CAROON 輸出王

CAROON 輸出王は、Amazon輸出のリサーチツールで、買い切りタイプのツールになっています。

価格は19800円で、120日以内返金保証付きです。

また、特典としてオリジナルのAmazon輸出マニュアルがもらえます。

 

アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツの市場に対応しており、FBA販売と自己出荷の両方利用できます。

具体的な内容は、日本Amazonの商品価格と海外Amazonの商品価格を比べ、価格差のある商品だけをキーワードをベースに探してくれるツールとなっています。

これから米国以外での販路を視野に入れている方にも便利なツールですね。

 

rezoo X

rezoo Xは、高速出品、一括価格改定、赤字自動停止、在庫管理、商品リサーチが行えるツールです。

Amazon輸出の作業を効率化する目的で作成されたツールで、月額6,980円(rezoo X) または 月額3,980円(rezoo X LIGHT)で使用できます。

特典として小資金輸出転売マニュアルや配送代行業者の紹介、ノウハウサイトへの招待やメールサポートを受けることができます。

 

また、アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツの5ヵ国に対応しており、リアルタイムの為替レートで換算した商品価格や利益率、セールスランク、出品者数、FBA出品の有無などを一括で見ることができます。

 

ZON ASIN HUNTER

ZON ASIN HUNTERは、ライバルセラーが出品している商品のASINを抽出する事が出来るツールです。

約5000円でツールを購入する使い切りタイプのツールになっています。

また、7日日間のお試し期間がついています。

 

また、セラーからだけでなく特定のカテゴリーからも商品を一括で抽出できます。

対応国はアメリカだけになりますが、とても使い勝手が良く利用者も多いツールです。

効率的にリサーチを進めるためには必須のツールなので、是非導入して作業時間を短縮してください。

 

PRIMA

PRIMAは、Amazonの最安値や商品データを高速で取得してくれるツールです。

月額7980円で使用する事ができ、30日間は無料で利用できます。

 

アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・スペイン・イタリア・メキシコ・中国に対応しており、取り込んだASINデータをもとにASINに紐づく情報を出力してくれます。

ASINは前項で紹介したZON ASIN HUNTERを使えば簡単に取得できるので、2つ組み合わせて使うと効率的でしょう。

ただしZON ASIN HUNTERだけでも十分情報が手に入るので、無理に2つ使う必要はありません。

価格改定機能も備わっているので、大量の商品も安心して価格改定が出来ます。

プライスターUS

プライスターUSは、在庫管理ツールと価格改定ツールが1つになった、在庫管理・価格改定・売上管理が行えるツールです。

月額4800円で利用することができ、30日間の無料期間もついています。

また、FBA販売と無在庫販売どちらにも対応しています。

 

Amazon輸出では在庫管理で使う方が最も多く、月額料金がかかるもののツールの性能が良いのでお得なツールだと言えます。

在庫管理・価格改定・売上管理がこれ1つで行えるので、非常に便利ですね。

プライスター会員の売上ランキングが都度発表されるので、見るだけでもやる気がアップしそうです。

 

無料期間中に解約すればお金も一切かからないので、お試しで一度使ってみることをおすすめします。

 

 

最後に

Amazon輸出で使えるツールおすすめ18選を、無料のものから有料までご紹介しました。

どれもAmazon輸出ビジネスの作業効率を上げ、売上をアップさせてくれるものばかりなので是非活用してください。

 

また、無料ツールだけを使いたいという方もいると思いますが、どうしても無料のものには限界があります。

なので、ある程度Amazon輸出ビジネスの仕組みややり方を理解したら、有料ツールを使った方が稼げます。

ツールの元はちゃんと取れるはずなので、無料にこだわらずより稼ぐためにも有料ツールも使ってみて下さい。

 

関連:Amazon輸出代行業者8選まとめ【料金や特徴を比較します】

Amazon

Posted by Akari