無在庫販売におすすめの仕入れ先はどこ?【種類別にご紹介します】

2020年8月30日

無在庫販売は有在庫販売とは違って、在庫を抱えるリスクがないのが最大のメリットです。

しかし、在庫を持っていないという事は仕入れ先の在庫がなくなってしまったときに出品を取り下げないと、注文が入ってキャンセルせざるを得なくなります。

仕入れ先の在庫をしっかりと管理する事はもちろん、豊富な仕入先を知っておくことが大切です。

 

また、無在庫販売では注文後に仕入れを行い購入者の元へ発送する為、発送までにも時間がかかります。

発送が遅いとクレームが来ることが多々あるので、いかに早く発送するかも意識したいところですね。

 

こちらでは、無在庫販売におすすめの仕入れ先10選と、無在庫販売の販売先についても紹介します。

これから無在庫販売を始めたいと考えている方は是非参考にしてください。

 

 

関連:Amazonで無在庫販売は禁止されている?【規約をもとに解説します】

 

 

無在庫販売の種類

まず、無在庫販売には以下の3つの種類があります。

  • 国内無在庫転売
  • 海外輸出無在庫転売
  • 海外輸入無在庫転売

それぞれ特徴が違い、仕入れ先も異なってくるのでこちらでは種類別に仕入れ先をご紹介したいと思います。

 

また、無在庫転売の仕入れ先としては、

  • 注文後に商品をなるべく早く届けられる
  • 在庫が確実に確保できる

というのが条件になります。

無在庫販売では、これらをクリアする仕入先であることが大切です。

 

 

【国内無在庫販売】おすすめの仕入れ先

まずは、国内無在庫販売でおすすめの仕入れ先をご紹介します。

  1. ハピタス
  2. NETSEA
  3. トップセラー
  4. 商材王
  5. マストバイ
  6. 未来問屋
  7. Amazon
  8. ヤフオク!

ハピタス

ハピタスは楽天やYahooショッピング、paypayモールなどいくつかの大手ECサイトで商品を仕入れる際にポイントの還元を受けることが出来るポイントサイトです。

ビジネス利用だけでなく普段の買い物でも活用可能でビジネス利用だと年間10万円単位でポイントが貯まることも珍しくない為無在庫販売ではぜひ活用するようにしましょう。

NETSEA

NETSEA(ネッシー)は、小売店が問屋(卸会社)から商品を仕入れる事が出来るサイトで、商品の情報や卸価格が公開されています。

ネット卸業では日本最大と言われており、無在庫販売の仕入れ先としても非常に有名です。

 

昔は個人利用のユーザーでも会員登録が出来ましたが、現在はビジネス目的のユーザーのみとなっています。

会員登録自体は無料で行えるので、国内無在庫販売を行うのであれば登録しない手はないですね。

もし使いやすかったら有料会員になっても良いでしょう。

 

NETSEAから仕入れるメリットとしては、

  • 生産を管理しているメーカーから直接仕入れる事ができる
  • セール開催やクーポンの発行など、安く仕入れられるキャンペーンが行われる
  • 国内で検品や出荷が行われているので安心できる

などが挙げられます。

 

有名な分、利用者が多いのでライバルも多いですが国内無在庫販売の仕入れ先としては外せません。

 

トップセラー

トップセラーは、ネットショップ専門の商品仕入れサイトです。

在庫リスクがなく、梱包や出荷の手間がない事から非常に人気の高い仕入れサイトとなっています。

商品の数も25万点以上と豊富で、色々なジャンルの商品の取り扱いがあります。

 

プランはセレクトコースや全商品コースなど様々用意されているので、自信のビジネスモデルにあったプランを選ぶと良いでしょう。

全商品コースでも基本プランは月額1980円で利用できるので、大変リーズナブルです。

 

5商品までは無料で利用できるので、お試しで是非利用してみて下さい。

 

商材王

商材王は、日本最大級の家具・インテリア・雑貨の卸問屋サイトです。

ベッド・ソファ・ダイニング家具・キッチン収納・リビング家具・本棚・テーブル台など、あらゆるインテリアが揃っています。

 

家具など大型のものほど、無在庫販売で売りたいものですが、まさにそれを実現してくれる仕入サイトだといえるでしょう。

月額利用料がかからないのも、ポイントですね。

 

マストバイ

マストバイは、家具・インテリアの仕入れ・卸売サイトです。

通販業界でも40年の実績を持つ、非常に安心できる仕入先だといえるでしょう。

 

在庫管理や出荷作業は全てマストバイが行ってくれるので在庫リスクや発送遅延リスクなどがありません。

また、後払いサービスなのでキャッシュフローの面でも安心ですね。

 

未来問屋

未来問屋は、長年扱ってきた「時計」を中心に、売れる商品を厳選し販売しているサイトです。

流通経路の把握や取引事業者の選定によって、安心して商品を仕入れられる仕組みになっています。

 

価格厳守や推奨価格提案により過剰な競争を防止されているので、仕入価格が高騰する事もありません。

欠品案内や在庫パトロールを行って在庫管理も徹底されているので、安心して利用できるでしょう。

売れる可能性の高い商品を告知してくれるので、国内無在庫販売初心者の方は参考にしてみても良いですね。

 

Amazon

Amazonを日頃からプライベートで利用しているという方も多いでしょう。

国内無在庫販売の仕入れ先として、Amazonがおすすめできるのは以下の理由が大きいです。

  • 注文してから出荷までのスピードが早い
  • 在庫数が多く在庫切れになるリスクが低い

 

まず、Amazon仕入は配送のスピードが他のネットショップに比べて格段に速いというメリットがあります。

prime会員になれば、最短当日か翌日に商品が届くので、お客様の元へ非常に早く届けることが出来ますね。

無在庫転売で起こりがちな「配送が遅い事によるクレーム」はまず来ないでしょう。

 

また、Amazonでは一商品に複数のセラーが出品しているため、例え一人のセラーの在庫がなくなっても他のセラーが在庫を持っています。

このように在庫が豊富にストックされているので、在庫切れになるリスクは少ないといえるでしょう。

 

在庫切れにより注文キャンセルする事もなくなるので、無在庫販売の仕入れ先として最適なのです。

 

ヤフオク!

ヤフオク!は、日本最大級のオークションサイトで、Amazonに負けないくらいの知名度のあるサイトです。

オークション開催中は即決価格が設定されていない限り、在庫は確保されているようなものですので、あとはしっかりと落札をすればOKですね。

 

中古品などが特に安く仕入れられるので無在庫販売の仕入れ先として人気がありますが、オークションの管理には十分気を付けたいところです。

 

【海外輸出無在庫販売】おすすめの仕入れ先

続いて、海外輸出無在庫転売におすすめの仕入れ先をご紹介します。

  1. Amazon
  2. 楽天
  3. Yahoo!ショッピング
  4. ヨドバシカメラ

 

Amazon

海外輸出無在庫販売では、日本の商品を海外に販売するわけですから、ここでもAmazonがおすすめになります。

前述したように、どのサイトよりも発送が早く、在庫数も豊富なのがポイントです。

 

海外輸出無在庫販売で仕入れ先を探すときは、まずAmazonから調べると良いでしょう。

 

楽天

楽天は日本最大級のショッピングモールで、様々な種類の商品の取り扱いがあり、仕入れられる商品も豊富です。

最大の特徴はポイントアップ制度で、楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)の条件を満たしていくにつれて、買い物時に付与されるポイントが最大16倍までアップします。

 

1ポイント=1円として楽天内で使用することが出来るので、ポイントが貯まるという事はその分安く仕入れられるという事です。

大概の場合はAmazonの方が安いことが多いですが、中には楽天の方が安い商品もあるのでしっかりチェックしておきましょう。

 

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、楽天同様にポイント還元率が非常に高いショッピングモールです。

仕入れ時の注意点として、たまに配送日が遅いセラーや評価の悪いセラーがいるので気を付けましょう。

価格もかなり安く、送料無料の商品も多いので海外輸出無在庫販売に最適な仕入先といえます。

 

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラと聞くと家電製品を扱っているイメージが強いですが、実は日用品や雑貨、食品などあらゆるジャンルの数多くの商品が販売されています。

また、配送も早く最短即日発送も行っており、大変使い勝手の良いサイトです。

 

元から税込価格で表示されているので、利益計算もすぐにできてありがたいですね。

購入した商品は無料で最長180日まで保証してくれるので、万が一不良品などで返品があった場合も対応でき、安心です。

家電製品はもちろん、日用品もAmazonより安いことがあるので、欠かさずチェックしましょう。

 

【海外輸入無在庫販売】おすすめの仕入れ先

最後に、海外輸出無在庫転売におすすめの仕入れ先をご紹介します。

 

  1. Amazon.com
  2. ebay
  3. アリエクスプレス

 

Amazon.com

Amazon.comはいわゆるアメリカのAmazonです。

海外から仕入れるとなるとトラブルも多くなりますが、Amazon.comであればサポートもしっかりとしているので安心して仕入れる事が出来ます。

また、日本への直送へも対応している商品が多く、最短で5日程で届く場合もあります。

 

使い方は日本のAmazonと全く同じなので、英語が出来なくても仕入れる事が出来ます。

また、各国のAmazonからの仕入れ(例えばUKAmazonなど)も、日本に直送可能な場合があります。

特にヨーロッパAmazonは配送日数が早く、VATがかからないのでかなりオススメです。

海外輸入無在庫転売のメインの仕入れ先となるでしょう。

 

ebay

ebayは、海外オークションサイトで、世界のあらゆる商品を落札することが出来ます。

中にはショップが在庫を持って即決価格で販売している商品もあるので、そういった商品は在庫切れのリスクは少ないでしょう。

 

個人が出品している場合は特に、Amazonよりも安い価格で販売されている事もあり、かなりお得です。

仕入れ先としては、Amazonでの在庫がない場合に活用するのがおすすめです。

 

アリエクスプレス

アリエクスプレスは、タオバオやアリババなどの中国ECサイトと同列のサイトですが、中国に限らずあらゆる国の商品が出品されています。

日本に直送可能な商品も多く、価格が非常に安いのがポイントです。

 

その代わり不良品が多いので、仕入先のショップの評価には十分に注意しなければなりません。

また、配送日数も無料配送を使用する場合は13~21日間かかるので、かなり長いです。

アリエクスプレスから仕入れる商品を出品する場合は、出荷までの日数をかなり長く記載しておく必要があるでしょう。

 

日本語の翻訳に対応しているので、サイトが使いやすいというメリットもあります。

仕入れ価格が安い分、販売価格も安くできるので商品が売れやすいでしょう。

中には偽物の商品もあるので、ブランド名やメーカー名、キャラクター商品は扱わないように気をつけましょう。

 

最後に

無在庫販売におすすめの仕入れ先はどこ?について、それぞれの無在庫販売の種類別にご紹介しました。

基本的に無在庫販売全てに共通しているのは「Amazon」からの仕入れでしたね。

Amazon仕入れは万が一不良品があった際も返金・交換対応があるので安心できますし、なによりも価格が安く配送が早いのがポイントです。

 

無在庫販売初心者の方は、まずAmazonで商品を探してみましょう。

慣れてきたら徐々に仕入先を開拓し、ライバルが少ない商品を狙っていくと良いでしょう。

 

関連:ネット転売におすすめの仕入れ先10選【仕入れのコツも解説します】