在宅ワークの種類と人気の仕事をご紹介します【自宅でできる仕事20選】

2020年9月12日

在宅ワークの一番の魅力といえば、通勤せずに自宅でお金を稼ぐ事ができる事でしょう。

近年ではインターネットの普及により、在宅ワークの種類も大幅に増えました。

 

しかし、それでもまだ「在宅ワーク」と聞くと、内職などの単純作業を思い浮かべる人が多いです。

在宅ワークの種類はかなり増えていますが、あまり知られていないのが現状です。

特にインターネットを使った在宅ワークは単価の高い仕事が多く、それだけでも十分に稼ぐ事ができます。

 

今までは、在宅ワーク=副業というイメージが強かったと思いますが、これからは在宅ワークが当たり前の時代になるかもしれません。

在宅ワークの中には単純作業で稼げるものから、ホームページ制作などの技術を必要とするものなどかなりさまざまなので、あなたに合った仕事が見つかるはずです。

 

新型コロナいウイルスの影響を受け、会社の従業員として在宅勤務できる仕事も増えていますね。

まだまだ働き方の考え方として「会社に出勤して働くのが当たり前」という固定観念がまとわりつきがちですが、その考え方も少しずつ変わりつつあります。

 

こちらでは、在宅ワークの種類と人気の仕事をご紹介します。

副業としてはもちろん、これからは在宅ワークを本業にして稼ぎたい!と考えている方は是非参考にしてください。

 

関連:副業の種類とおすすめの副業13選【安全な副業をご紹介します】

 

 

在宅ワークの働き方【4タイプ】

自宅で仕事ができる「在宅ワーク」の働き方は、大きく分けて4つのタイプに分類する事ができます。

どのタイプが自分に適しているのか、まずは以下を読んで考えてみて下さい。

 

  1. 正社員・契約社員として在宅勤務する
  2. 自宅でバイト作業をする
  3. 自宅で代行業務をする
  4. 自宅でできるビジネスを立ち上げる

 

正社員・契約社員として在宅勤務する

特に最近では「テレワーク」と呼ばれる、インターネットを活用し自宅で作業や会議を行う会社が増えてきました。

今まではテレワークや在宅勤務という言葉自体あまり知られていませんでしたが、新型コロナウイルスの影響で多用されるようになりましたね。

 

正社員・契約社員として在宅勤務できる仕事は増えてきており、社員として雇ってもらえるので給料も比較的安定しています。

一般的な社員と同じように数十万円の固定給であったり、出来高制にしていたりと会社によってまちまちですが、自分に合った仕事を見つけられるはずです。

 

自宅で仕事をしたいけれど、単純作業が苦手だったり安定した給料を求めている方は、正社員・契約社員として在宅勤務できる仕事を探すと良いでしょう。

 

自宅でバイト作業をする

バイトは正社員とは違い時給制なので、働いだ分だけ稼ぐ事ができます。

バイト=バイト先に出向いて働くというイメージがありますが、バイトの中には自宅でできる作業もたくさんあります。

 

例えば、アンケートモニターやライター、コールセンター業務のバイトは自宅で可能です。

在宅バイトはかなり幅広い種類があるので、自分の好きな分野や得意な分野のバイトが見つかるかもしれません。

ちなみに時給も1200~1500円くらいと、比較的高めです。

 

安定的に収入は得たいけれど正社員にはなりたくない、自由なシフトで働きたい、という方は

バイト募集サイトで「在宅ワーク」と検索すると、在宅バイトが見つかりますよ。

 

自宅で代行業務をする

代行業務とは、会社や事業者から仕事を引き受け、納品・検収完了後に報酬を得る仕事です。

誰かに雇用されるわけではなく、仕事を直接引き受け代行し、その分だけ報酬をもらいます。

 

一昔前までは、会社や事務所に直接出向いて仕事を受注しにいかないと、代行業務を引き受ける事ができませんでしたが、

現在ではクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを利用して、簡単に代行業務を受注する事が可能となりました。

 

クラウドソーシングサイトで自分が代行したい仕事を検索すれば、様々な条件と代行業務が出てきます。

あとは事業主にコンタクトを取り、承認されると作業開始となります。

クラウドソーシングサイトを介していれば、万が一トラブルが起こっても安心して取引が出来ます。

 

単純作業が多く単価も低くなりがちなので、ゆるく稼ぎたい、お小遣いが欲しいという方に向いています。

 

自宅でできるビジネスを立ち上げる

ビジネスを立ち上げるには知識や経験、アイデアが必要となるため、誰でもできる在宅ワークではありませんが、

自宅でできるビジネスを立ち上げるのも一つの手ですね。

 

在宅ビジネスを立ち上げ成功する事ができれば、大きな収入を得ることが出来ます。

もちろん、その分失敗した時のリスクも大きくなるので覚悟が必要でしょう。

 

自宅でできるビジネスとして特に多いのが以下です。

  • ライティングの受注・依頼を仲介する会社
  • ブログアフィリエイト
  • アフィリエイト

これらは初期費用が少なく始めやすいので、こういった在宅ビジネスを展開していく人が多いのです。

 

ただし、これらはすぐに利益に繋がるわけではないので、今すぐ稼ぎたいという方には向いていません。

将来的に会社を持ちたい、成功したいという方は自宅できるビジネスを考えてみても良いでしょう。

 

在宅ワーク20選【自宅でできる人気の仕事は?】

続いて、自宅でできる人気の仕事をご紹介します。

人気=始めやすいという事でもあるので、以下は在宅ワーク初心者の方にもおすすめです。

 

  1. カスタマーサポート
  2. ライター
  3. デザイナー
  4. Webサイト制作
  5. モニター
  6. データ入力
  7. シール貼り
  8. 箱詰め
  9. 発送・在庫管理
  10. ブログアフィリエイト
  11. 自宅でスクール開校
  12. 添削
  13. 配信業
  14. ハンドメイド販売
  15. 文字起こし
  16. せどり
  17. 秘書
  18. 翻訳家
  19. トレーダー
  20. 投資家

 

カスタマーサポート

カスタマーサポートは、電話やメールでお客様の相談に対応する仕事です。

一般的に、コールセンターに勤務して仕事をするイメージがありますが、在宅でできる仕事もたくさんあります。

また、電話対応なしでメールやチャットだけでサポートするものもあるので、始めやすいです。

 

ライター

ライターは、ブログ記事やニュース記事をパソコンで作成する仕事です。

1記事〇文字以上でいくら、など文字単位で報酬が支払われる事が多いです。

文章を書くのが得意な方や好きな方に向いています。

 

デザイナー

デザインが得意な方や好きな方は、在宅でデザイナーの仕事ができます。

具体的にはWebデザインや会社のロゴのデザイン、イメージキャラクターのデザインを考える仕事が多いです。

基本はパソコンですべての工程を完結させるため、パソコンで絵を描くスキルが必要です。

 

Webサイト制作

Webサイト制作は、会社のホームページやショッピングサイトなどのWebサイトをイメージに合わせて制作する仕事です。

専門知識や技術が必要となるので誰でもできるわけではありませんが、かなり高単価なので在宅ワークの中でも稼ぎやすいです。

必ずしも一人で制作する必要はなく、チームを組んでWebサイト制作をする事もできます。

 

モニター

モニターの仕事は、商品やサービスを無料で体験し、レビューやアンケートを投稿して報酬をもらうお仕事です。

無料でためせるので、自分の好きな商品やサービスを選んで気軽に報酬をゲットできます。

ただし、在宅でお金を稼ぐというよりはお小遣い感覚に近いので、在宅ワークで稼ぎたい方には向いていません。

 

データ入力

データ入力は、紙の議事録をスキャンしたデータをWordに入力したり、名刺の情報をリスト化するといった、WordやExcelを使用する仕事です。

特に得意な事がない方でも、単純作業ができれば誰でもできる仕事です。

ただし、地味な作業なので飽きてしまいやすいのと、タイピングが遅いと仕事が進まずなかなか稼げません。

 

シール貼り

商品の袋に値札のシールを張り付けたり、バーコードを貼ったりする仕事です。

黙々と作業し量をこなしていく事で、確実に報酬を得ることが出来ます。

シールを貼り終えた商品は、業者に返送する流れになります。

 

箱詰め

箱詰めとは、商品をダンボールなどに詰めるお仕事です。

シール貼りと同じで自宅でできる単純作業の在宅ワークで、数をこなすほど報酬も増えます。

また、中には箱詰めではなく、お菓子などの箱を組み立てるだけの仕事もあります。

 

発送・在庫管理

商品の発送や在庫管理を代行する仕事です。

主に通販サイトやフリマアプリで注文が入った商品の発送や在庫管理を代行します。

大概の場合、依頼者がマニュアルを準備している事が多く指示通りに作業をするだけなので簡単です。

 

ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトとは、自分のブログにアフィリエイトリンクを貼って、

広告から商品やサービスをクリックまたは購入してもらう事で報酬を得る仕事です。

まずブログ自体にアクセスが集まらないと、アフィリエイトリンクもクリックしてもらえないので、ブログを育てるまでが大変です。

 

自宅でスクール開校

得意な事や趣味があるのであれば、自宅でスクールを開校して稼ぐ事も出来ます。

絵やピアノ、書道など、自宅で開ける教室はたくさんあるでしょう。

最初は集客が難しいですが、口コミでどんどん広がっていけば安定して稼ぐ事ができます。

 

添削

添削とは、テストの丸付けを行う仕事です。

生徒さんの解答に丸を付けるだけではなく、アドバイスなども書き込みます。

最近では子供だけではなく、資格取得の為に大人もテストを受ける機会が多いので、添削の仕事も増えています。

 

配信業

YouTubeなどに動画広告を貼りつけて、報酬を得る仕事です。

趣味や得意な分野があれば、それらを配信する事で利益に繋がる可能性があります。

楽しんで仕事をする事が出来ますが、配信業を行う人が増えている事もあり飽和状態にあるので個性がないと難しいでしょう。

 

ハンドメイド販売

ハンドメイド販売とは、自分で制作したアクセサリーやDIY作品などを、

フリマアプリやオークションに出品して稼ぐ仕事です。

近年ではハンドメイドが過熱しており、ハンドメイド作品販売のアプリが誕生するなど盛り上がりを見せています。

 

文字起こし

文字起こしは、クライアントから預かった録音データなどを文字に起こして、簡潔にまとめる仕事です。

セミナー内容や講演内容、会議の内容などがほとんどです。

音声を聞き取る能力はもちろん、素早く文字に起こすスキルも必要です。

 

せどり

せどりとは、安く仕入れた商品を別の販売先で高く売り、その差額を利益とする仕事です。

近年ではフリマアプリの流行により、こういった転売商品が良く売れるようになりました。

ただし、せどり人口も増えているので飽和気味になっており、知識をしっかりと身に着けていないと稼げなくなっています。

 

秘書

秘書の仕事は、実は在宅でも可能です。

現代にはパソコンという便利なツールがあるので、出向かなくても在宅で秘書ができてしまうわけです

具体的にはスケジュール管理や、各種マネジメント、事務全般が作業となります。

 

翻訳家

翻訳家は、外国語で書かれた書類や書籍を日本語に翻訳する仕事です。

外国語のスキルがしっかりとないとまずできないので、資格などを持っていないと厳しいでしょう。

知識や経験を積んでいる方であれば、すぐに高収入を得ることが出来ます。

 

トレーダー

トレーダーは、株や債券の動きを常に監視し、顧客に売り買いのタイミングを知らせる仕事です。

顧客とディーラーの仲介をする事もあれば、直接顧客と売り買いを行う事もあります。

いずれも経済や金融の知識がなければ、まず難しいでしょう。

 

投資家

投資家は株やFXなど、自分で投資を始めて稼ぐ方法です。

最近では投資に関するさまざまな情報がネットに載っているので、ネットや動画だけでもしっかりと勉強する事ができます。

投資は怖いというイメージが付きがちですが、正しい方法で投資を行っていればまず赤字になる事はありません。

 

最後に

在宅ワークの種類と人気の仕事をご紹介しました。

知識やスキルがなくても、シール貼りや発送代行などの単純作業であれば誰でも在宅ワークを始めることが出来ます。

 

また、もし得意な事や詳しい分野があるのであれば、在宅ワークで大きく稼ぐチャンスとも言えます。

是非、在宅ワークを始めてより暮らしを豊かにしましょう。

 

 

関連:副業の種類とおすすめの副業13選【安全な副業をご紹介します】