せどりや転売の確定申告についての疑問を解決します【これを読めばすべて解決!】

2021年1月21日

確定申告の時期になると、会社員の方以外は焦りだす事でしょう。

もちろん、専業でも副業でもせどりや転売で稼いでいるのであれば確定申告をしなければなりません。

 

確定申告をもし忘れたり、しなかった場合は税務調査が入ったあと、追加課税が請求されます。

追加課税となると、実際の納税額より1.5倍も税金を支払う金額が高くなる可能性もありますから、絶対に確定申告はすべきです。

特に確定申告が初めてという方は、難しいというイメージがまとわりつき後回しにしがちです。

 

 

しかし、確定申告について正しい知識さえもっていれば何も難しい事はありません。

せどりや転売で稼いでいる以上は確定申告をしなければなりませんし、自分の事業がどのような状態なのかを正確に把握するためにも、確定申告をしっかりと行いましょう。

 

 

こちらでは、せどりや転売の確定申告についての疑問を一つずつ丁寧に解説し解決していきます。

確定申告についてよくわからない、不安だという方はぜひ参考にしてください。

 

 

関連:

 

 

せどりや転売でいくら稼いだら確定申告をしなければならないの?

よく、「年間で20万円以上稼いでいる場合は確定申告が必要」なんて言われているのを耳にしませんか。

これはいわゆる「20万円ルール」と呼ばれているもので、具体的には年間所得が20万円以上の場合は確定申告が必須、それ以下の場合はしなくても良いというものです。

 

アルバイトを副業としている場合には、収入=所得になるため、20万円を超えなければ確定申告はしなくていいので単純です。

しかし、せどりや転売となると収入=所得とはならないので、自分で帳簿を付けて所得の部分をはっきりとさせなければなりません。

収入と所得は別のものだという事を、まずははっきりとさせておきましょう。

 

収入と所得の違い

「年間の所得が20万円をこえる場合は確定申告が必須」ですが、せどりや転売での所得とはどの部分になるのかというと、

所得=売上‐経費(仕入れ高・荷造運賃・手数料・ガソリン代・消耗品費など)

となります。

 

せどりや転売で稼いでいるのであれば、例えば梱包にかかる費用は経費になりますね。

 

節税するには経費をしっかりと計上する事が大切

前項の所得の式を見て分かるように、節税のためには所得をいかに減らすか、つまり経費をしっかりと計上する事が大切になります。

せどりや転売では、さまざまな項目が経費として計上できるので、何が経費となるのかをまず知っておくことが大切です。

 

そのうえで、日頃からレシートや領収証をもらっておくことや、しっかりと帳簿に記帳する事が必須となります。

 

所得が20万円以下でも確定申告をした方がいいケース

もしあなたがせどりや転売を行っていて、確定申告の時期が訪れたとしましょう。

年間所得が20万円以下だった場合は確定申告の義務はありません。

ですが、確定申告は20万円以下でもしてOKです。むしろ、した方がいいです。

 

なぜ、20万円以下でも確定申告をした方がいいかというと、した方がお得になるケースがあるからです。

例えば前年の所得がマイナスだった場合、確定申告をしていれば損失を翌年に繰り越すことが出来ます。

また、税金の還付を受けたり、医療費控除がある場合に確定申告が必要となる場合があります。

 

このように確定申告にはたとえ20万円いかの所得であってもお得になるケースがあるので、自分がどのケースにあたるかどうか、調べておきましょう。

 

せどりや転売を本業としている場合

副業ではなくせどりや転売ビジネス一本で生計を立てているという方は、所得が年間38万円以上となる場合に確定申告が必須です。

専業でせどりや転売をしているのであればまず年間38万円以上の所得があるはずですから、必ず確定申告をしてください。

 

なぜ38万円なのかというと、基礎控除として38万円が所得から引かれるので、課税所得が0円になるからです。

 

 

せどりや転売で確定申告をしないとどうなるの?

せどりや転売で確定申告をしない事はデメリットしかありません。

確定申告は難しいというイメージを持っている方が多く、また、面倒くさいものではありますが絶対にしなければならないものです。

 

中には税金を収めたくないから確定申告をしないでおこうなんていう悪い考えを持っている方もいるかもしれませんね。

納税したくないという気持ちは誰もが同じだと思いますが、せどりや転売で稼いでいる以上が義務ですし、それも作業の一部と思って絶対にやってください。

 

せどりや転売で稼いでいるにも関わらず確定申告をしなかった場合は、追加課税が請求されるだけではないのです。

社会的な信用も失う事になり、最悪の場合は前科になってしまう事だってあります。

確定申告をしない事は、あなたが考えているよりもずっとずっとペナルティが大きいものです。

 

「知らなかった」は一切通用しませんので、しっかりと今ここで知識をつけて下さいね。

確定申告をしない事による具体的なデメリットは以下です。

 

  1. 副業で取り組んでいるのに副業として扱われない
  2. 経費として落とせない項目が出てきて結果支払う税金が増える
  3. 脱税の疑いをかけられ大きなペナルティとなる

 

 

副業で取り組んでいるのに副業として扱われない

もしあなたが副業としてせどりや転売に取り組んでいた場合、確定申告をしないという事は副業で得た所得を隠しているという事に他なりません。

つまり、あとあと税務署に確定申告をしていない事がばれたときに、副業で稼いでいるという事を主張できなくなるのです。

要するに脱税をしているわけですから、公に副業をしているとは言えなくなります。

 

なので、世間的には副業をしていない扱いになってしまいます。

副業として扱われない=副業していないという事の何が問題となるのかというと、赤字になっている場合に問題となります。

詳しくは次の項目で解説します。

 

経費として落とせない項目が出てきて結果支払う税金が増える

せどりや転売ビジネスが上手くいかなかった年は赤字になってしまう事もあるでしょう。

こんな時に、確定申告をしていると損失分を繰り越せる可能性があります。

特に、サラリーマンの方の場合はお給料と副業として行っているせどりや転売の赤字部分を合算する事も出来ますね。

 

損失があった場合は納税金額をその分減らせるわけですから、確定申告を行う事はかなりお得なのです。

逆に確定申告をしなかった場合はこのように落とせる経費が「落とせない項目」になってしまい結果支払う税金が増えてしまいます。

 

せどりや転売ビジネスの特徴として、仕入れと売上げが入るタイミングが違うので、確定申告をした際に赤字になってしまう事もあるのです。

税金を少しでも減らすため、どれくらいの損益が出ているのを把握するためにも、確定申告は必須ですね。

 

 

また、落とせる経費なのに確定申告で経費として計上せずに、結果として支払う税金が多くなるパターンもあります。

これは確定申告について無知で、落とせる経費を知らなかったことが原因ですね。

例えば家の家賃の一部は、せどりや転売ビジネスで使用している面積の分だけ経費にできると知っていましたか?

光熱費ももちろん、一部を経費として計上できるのです。

 

確定申告をしないという事は、前述したように副業をしていない事と同等扱いになりますから、落とせる項目でも経費として認められない可能性が高くなります。

せどりを副業とするのであれば、無駄な税金を支払わないためにも確定申告は必須ですよ。

 

脱税の疑いをかけられ大きなペナルティとなる

せどりや副業で収入を得ているのにも関わらず確定申告をせずにいて税務調査が入った場合、あなたは脱税の疑いをかけられることになります。

疑いという段階ですのでいきなり脱税だと判断されるわけではありませんが、それでも罰則やペナルティは免れないでしょう。

脱税だと判断されなくても、追加課税がかかり結局のところ税金を多く納めなければならなくなります。

 

これでは、せどりや転売ビジネスで日頃からいかに利益を出すかと奮闘している意味がありません。

お金を稼ぐという以上、所得をしっかりと申告し収めるべき税金をしっかりと納めるのは義務です。

 

確定申告をしなくてもバレないと悪い考えをしている人がいるかもれませんが、必ずいつかバレます。

その時には、確定申告をしていない年から何年もさかのぼり高額な税金が請求されるでしょう。

 

確定申告をしないでいると、それなりの大きなペナルティを受けることになるという事を忘れないでください。

 

 

せどりや転売で確定申告をするメリット

これだけデメリットをお伝えしても、やはり「面倒くさい」「難しい」といって確定申告をさぼりたがる人がいます。

では、せどりや転売を行っているみなさんが確定申告を行うと、どのようなメリットがあるでしょうか。

 

 

  • 青色申告による基礎控除最大65万円を受けられる
  • 控除対象科目が増える
  • 社会的信用度が高くなる

 

 

青色申告による基礎控除最大65万円を受けられる

まず、基本的なところから確定申告には青色申告と白色申告があります。

青色申告を受ければ所得から基礎控除最大65万円を受けられるという非常に大きなメリットがあります。

白色申告に比べて日々の帳簿作業は複雑化しますが、65万円も控除を受けられれば納税額もその分大幅に減りますね。

 

控除対象科目が増える

また、青色申告をすれば「控除対象科目」も増えるメリットがあります。

控除対象項目が増えるという事は、あらゆる項目を経費として計上できるので、結果納税額が少なくなるわけですね。

例えば青色申告で確定申告を行えば、従業員に支払うお給料も経費にできるわけです。

家族などを従業員として雇うことで、専従者給与控除が受けられ課税所得を減らすことが出来ます。

 

社会的信用度が高くなる

確定申告をするためには、日頃から記帳作業行う必要があり帳簿をつけなければなりません。

それだけ時間をかけて自分の所得を申告するわけですから、社会的な信用度も高くなります。

 

せどりや転売で確定申告をすることは、節税効果だけではなくこうした社会的な信用という面でも非常に大事なのです。

社会的な信用の高低は、あなたが家や車を購入するときのローンや新しいクレジットカードを作成する際にも関わってきます。

 

 

副業でせどりや転売を行っている場合は、会社にバレたくなくて確定申告をしない、という方が多いですがそれは非常に危険です。

犯罪につながる事態になりかねませんので、絶対に確定申告は行ってくださいね。

 

 

最後に

せどりや転売の確定申告についての疑問を、一つ一つ解説していきました。

確定申告をしなくても大丈夫、なんていう考えだった人はぜひ今一度「確定申告をしない事による危険性」をしっかりと認識し、義務であるという事を忘れないで下さい。

 

確定申告はしない事によるデメリットは大きいですが、することによるデメリットは面倒くささ以外全くありません。

慣れてしまえば記帳作業も確定申告も簡単にできるようになります。

自分のためにも、これからせどりや転売でしっかりと確定申告をしましょう。

 

関連:

Amazon, Yahoo

Posted by Akari